白虎隊について

白虎隊

慶応4年(1868年)の鳥羽伏見の戦い後、会津藩では軍制をフランス式に変え、精神論ではなく戦力に重きをおいて、玄武隊、青龍隊、朱雀隊、白虎隊の年齢による組織に改め、力を注いでいました。

当時、会津藩の男子は、10歳になると藩校日新館に入学するきまりになっており、白虎隊の隊士達は、この日新館で学んだ16から17歳の少年達で編成されていました。

当初は、朱雀隊を主力として第1線に配置し、それに続く青龍隊に国境を護らせ、玄武隊、白虎隊、幼少隊は その予備に廻るという布陣でありました。したがって、白虎隊は実際の戦闘に出る予定はなく、主に城中の警護にあたっていました。しかし、戊辰戦争が始まり、戦場が会津に移ることで、藩主松平容保は、白虎隊に出陣命令を下しました。一方、日新館は、戊辰戦争の激化に伴い閉鎖となり、臨時病院として使用されるようになりました。その後、戸ノ口原の戦いに敗れた白虎士中二番隊は、炎に包まれた鶴ヶ城を眺めながら、飯盛山で壮絶な最期を遂げました。

優秀な人材を失ったこの悲劇は、時を越え今の世に戦争の空しさと教育のあり方を伝えています。

白虎隊の構成

  • 士中一番隊から二番隊 各50名前後
  • 寄合一番隊から二番隊 各50名前後
  • 足軽一番隊から二番隊 各50名前後

会津藩の武士階級は、大きく分けて上士(士中)・中士(寄合)・下士(足軽)がありました。白虎隊で自刃したのは、上級武士(上士)の子供達である士中二番隊の隊員たちでした。また、日新館への入学は上士の子弟が対象でした。

その他の部隊

朱雀隊(すざくたい)
18歳から35歳までの武家の男子によって構成された実戦部隊で、
軍政の改革により作られた主力部隊。

  • 士中一番隊から四番隊 各100名前後
  • 寄合一番隊から四番隊 各100名前後
  • 足軽一番隊から四番隊 各100名前後

青龍隊(せいりゅうたい)
36歳から49歳までの武家の男子によって構成された国境守備隊。

  • 士中一番隊から三番隊 各100名前後
  • 寄合一番隊から二番隊 各100名前後
  • 足軽一番隊から四番隊 各100名前後

玄武隊(げんぶたい)
50歳以上の武家の男子によって構成された予備隊の部隊。

  • 士中一番隊 100名前後
  • 寄合一番隊 100名前後
  • 足軽一番隊から二番隊 各100名前後

上記以外に、会津藩の兵力としては、下記の部隊がありました。

幼少組 : 白虎隊に年齢が満たない十四、十五歳の者
隠居組 : 五十歳以上にして、玄武隊に加わっていない者
砲兵隊 ・遊撃隊 : 朱雀・青龍の年輩を以て組織
別選組 : 藩士の次男以下が中心。弓馬槍刀の全ての免許取得または少なくとも二芸に抜群の技量を持つ者40名から成る精鋭部隊。創設は禁門の変後の京都にて。初代隊長は佐川官兵衛。鳥羽・伏見の戦後、再編制。
奇正隊 : 地方組の者

その他、猪苗代隊や武士以外の人々による諸隊がありました。


このページの先頭へ